匠の仕事場拝見 vol.2
加賀友禅を支える職人たちをご紹介します

加賀友禅 伝統工芸士(模様師) 北村 和彦 氏
   金沢市在住
    
    1957年 滋賀県生まれ
    1979年 加賀友禅作家 初代由水十久 門下へ入門
    1989年 独立
    1997年 加賀友禅伝統工芸士に認定

         現在に至る

        ※ いずれの方の紹介でも 賞暦等は省略させて
            いただいて おりますのでご了承ください



まじめで几帳面な人柄通りの 緻密で繊細な作風です
左は 《紫錦菊図》と題された着物で 波や雲を思わせるモチーフを背景に描かれた 繊細な菊の枝振りは 身にまとったときに まるで 風に吹かれて動き出すような逸品です 
豊富な古典紋様の知識から題材を得て 高尚で優美な作風ですが、最近では ご自身のお嬢様方のご趣味にも触発された楽器や 遊び心をくすぐる図柄などもモチーフにされています

加賀友禅の特徴である『花鳥風月』のなかでも 『風』 を感じさせてくれる着物を描くのは難しいことですが その技術や伝統を忠実に守りながら 試行錯誤を重ねて自分の作風を開拓していく真摯な姿勢は 作家の中でも群を抜いていると思います 
 
 これからの加賀友禅を担ってゆく 大切なお一人です   ぜひ これからの作品を楽しみにしてください

.